院長紹介

院長よりごあいさつ


院長 小松正弥

 当院は平成26年11月に開院いたしました。「歯の治療はとかく痛い」と考えられがちですが、私は「患者様に痛いと感じさせるようであれば自分の技術が未熟なのだ」と考えながら、毎日の診療に臨んでおります。

 食べることは人生における最大の楽しみであると、私自身は考えております。当院に来院されたすべての人々が、自分自身の歯で食べることができ、さらにその楽しみを満喫できるようになる、そのお手伝いができればと願っております。


診療について

 歯科・小児歯科を中心に、いかに歯を失わずに自分自身の歯で食事ができるようにするかということを考えながら治療をしています。したがって、虫歯・歯周病の治療だけでなく、治療後の定期的なメンテナンスや虫歯・歯周病の予防にも力を入れております。常々、患者さんたちには、「私の仕事は、歯を抜いて入れ歯を作ることではない!」と申し上げております。



院長略歴

・1996年(平成8)3月 東京医科歯科大学卒業
・1996年(平成8)4月~2004年(平成16)12月 
  同大学歯学部附属病院において、全身的な疾患を有する方の歯科治療に8年間従事

・2005年(平成17)1月~2014年(平成26)10月
  都内の歯科医院にて10年間勤務

・2014年(平成26)11月 安里駅前こまつ歯科医院を開院
 現在に至る