歯がしみるときには

歯が温かいものや冷たいものでしみるときには、知覚過敏を起こしていることが多いです。ただし、虫歯の初期症状として、しみる感じが出ることもあるので注意が必要です。しみる感じが軽度の場合には、しみ止め(知覚過敏抑制剤)を塗って経過観察をしますが、重症化している場合(楔状欠損ができている場合)にはコンポジットレジン充填を行ったりします。


真ん中の歯の根元が削れています(オレンジ色の部分)。これを楔状欠損と呼んでいます。以前は(私が大学を卒業する頃までは)、乱暴な横磨きが原因とされていましたが、最近では歯ぎしりや咬み合わせなどが主たる原因ではないかと言われています。楔状欠損が出来はじめたときには、しみる感じが出ることが多いですが、しばらくするとしみる感じが消えることがあります(決して、楔状欠損が自然に治ることはありませんが)。放置しておくと、さらに歯の根元の削れている感じが進行していくので、楔状欠損を発見したら、知覚過敏の有無にかかわらず、コンポジットレジン充填を行うことが多いです(下図参照)。



ただし、楔状欠損が進行して歯の神経のところまで達している場合には、歯の神経を抜く処置を行います。コンポジットレジン充填で対応できるのは、楔状欠損が歯の神経まで到達していないこと、知覚過敏によって日常生活に影響が出ていない場合などです。