親知らずが生えてきたかも

親知らずは退化傾向が強い歯で、生まれつき親知らずがある方、ない方がいます。だいたい、親知らずが生えてくるのは20歳以降です。ただし、現代人はあごが小さいので、親知らずが生えてくる場所がなくて、あごの骨の中に埋まったままの状態の方が非常に多いです。親知らずが生えてこないからといって、問題がないわけではなく、親知らずが手前の歯に悪影響を及ぼすことが多いので、当院では抜くことをお勧めしています。


この方は、上下左右4本の親知らずがあります。特に下の親知らずは、斜めに生えていて、手前の奥歯に悪影響を及ぼすことが予想されたため、抜歯の必要性を説明しました。患者さん本人の了解が得られたため、口腔外科専門医に紹介して、抜歯してもらいました。

この場合は、手前の奥歯(7番目の歯)を残すために、親知らずの抜歯を選択しました。当院では、極力歯を残すためにはどうしたら良いかということを考えていますが、優先順位の高い歯を残すために、親知らずの抜歯を選択することが多いです。