歯ぐきから血が出たら

歯ぐきから出血するときには、歯肉炎、歯周病、出血傾向(出血性素因)が疑われますが、ここでは歯肉炎・歯周炎について説明いたします。

歯ぐきから出血しても痛みを感じることはほとんどありませんが、決して良いことではありませんので、最寄りの歯科医院を受診することをお勧めします。


健康な歯ぐきは固く引き締まっているので、歯磨きの時に出血はしません。


歯と歯ぐきの境目に、プラーク(口の中の細菌の塊)や歯石が付き始めると、歯ぐき(=歯肉)が赤く腫れ始めて、歯磨きの時に出血するようになってきます。これが歯肉炎です。


歯肉炎が進行して(歯の根っこにまで歯石が付き始めると)、歯周炎になります。歯ぐきからの出血が見られるのは歯肉炎と同じですが、歯を支えているあごの骨まで溶け始めることが歯肉炎との大きな違いです。


さらに進行すると、歯ぐきと歯の境目(=歯周ポケット)から、出血だけでなく、膿が出始めます。いわゆる、歯槽膿漏という状態になります。この状態になると、歯がグラつき始めて、食事の時に痛みを感じるようになってきます。この状態になると、歯科医院で抜歯になることもあります。


最終的には、ご自身の指で触ってもグラグラして痛いという状態になります。歯が自然に抜けることもあります。

当院では、歯周炎1の状態で歯周病の進行を止めることができればと、治療と定期検診に力を入れています。