入れ歯が合わない

入れ歯も作って間もない頃は、歯ぐきにピタッとフィットして、装着感が良かったかもしれません。しかし、時間の経過とともに、歯ぐきが痩せてきたり、入れ歯を支えている歯がダメになったり、入れ歯そのものが壊れたりしたりと、入れ歯が合わなくなってくることがあります。

入れ歯を作ってくださった歯科医の先生は、「〇×さん、定期的に入れ歯を見せに来てくださいね。何か不具合かないかチェックしますからね…」とおっしゃってたかもしれません。
でも大抵の場合、「入れ歯の具合が良いから、ハーヤーには行かないさぁ!」となることが多いようです。

で、入れ歯が壊れたり、入れ歯を支えている歯そのものが抜けたりして、入れ歯が使えなくなったとたん、あわてて歯科医院に駆け込む方が多いようです。

形あるもの、いつかは壊れます。不具合が出たときに困らないように定期的にチェックと修理をしてもらった方が良いと思います。皆さんが乗ってらっしゃる車を定期点検や修理をしてもらうのと同じことです。


当院では、入れ歯の製作は積極的に行なっておりません。当院は「入れ歯屋」ではありません。なぜなら、入れ歯にならないようにするために、虫歯予防や歯周病予防の治療に力を入れているからです。ご了承ください。