院内設備

施設のご案内

 こちらが受付になります。床の段差をなくし、受付カウンターに丸みを持たせることで、小さなお子様が歯科医院を怖がらないように設計いたしました。



 安里駅前こまつ歯科医院では、「虫歯・歯周病の予防」に力を入れていますので、歯ブラシ、歯間ブラシ・デンタルフロスなどの清掃用具、フッ素配合のジェル、洗口剤などを展示し、取り扱っております。御入用の際には、遠慮なく当院スタッフまでお申し付けください。



 こちらが待合室となります。ゆったりとリラックスしてお待ちいただければと思います。



 待合室の奥には、パウダーコーナーがあります。治療後のメイク直しや身だしなみチェックにお使いいただければと思います。



 こちらが診療室となります。治療を受ける皆様がスムーズに出入りができるように、治療椅子同士の間のスペースにゆとりを持たせた設計になっています。また外からの光を取り入れることで明るく開放的な空間になって、治療を受ける際の不安感・緊張感を少しでも和らげることができればと考えております。


院内の機器について(歯科外来診療環境体制加算1と歯科治療時医療管理料を算定できる医療機関として)
院内での緊急時への対応と院内感染防止とX線被ばく線量の低減に努めています。

 当院の器材室の中核をなす2つの器械です。左が器具除染用洗浄器、右が高圧蒸気滅菌器です。

 治療後の器材には唾液や血液などのタンパク質が付着しています。従来は、スタッフの手で治療後の器材を洗浄していましたが、歯科治療で使用する器材には先端が鋭利なものが多く、洗浄を担当するスタッフは常に針刺し事故と院内感染のリスクにさらされていました。

 針刺し事故と院内感染のリスクからスタッフを守り、なおかつ器材に付着しているタンパク質を効率よく除去し、器材の洗浄・消毒を高い精度で維持・管理し完全自動化するために器具除染用洗浄器を導入しました。

 さらに、 洗浄・消毒が終了した器材を歯科治療で使用するには、滅菌処理を行う必要があります。器材の中には、内部が中空になっている構造のものがあります。複雑な中空の構造部分にまで高温・高圧の蒸気が浸透しないと滅菌処理は不完全なものになる可能性があります。

 それを回避するために、真空ポンプにより真空状態と高温・高圧蒸気の注入を3回繰り返すことで、複雑な中空構造物の内部に残りやすい空気を取り除き、高圧蒸気を内部の隅々まで行きわたらせることができる高圧蒸気滅菌器を導入しました。このことにより、さまざまな種類や複雑な形をした診療器材をより効率よく滅菌処理することが可能となりました。


「洗浄」・「消毒」・「滅菌」処理が終了した器材は、使用直前まで個包装の状態で保管されます。



 口腔外バキュームを設置することで、診療室内の空気が切削片や細菌を含む飛沫で汚染されることのないように心がけています。



 歯の治療には、レントゲン写真撮影が不可欠です。撮影機器をデジタル化することで、被ばく線量を従来の1/6以下に低減しました。


 口腔内カメラを導入し、手鏡ではなかなか確認できない虫歯の場所・大きさなどの歯の状態を治療受けている患者さん本人に直接確認してもらうようにして、治療に対する満足度の向上に努めています。



 さらに、X線を使わずに虫歯を早期発見するための機器も導入しました。 繰り返し撮影しても放射線の心配がなく、妊娠中の方も安心してお使いいただくことができます。



 生体管理モニターを使用し、患者さんの治療中の容態急変に備えております。



 AED(除細動器)を装備し、万が一の事態にも万全の体制で備えております。




 酸素吸入が必要な際にも、即時対応が可能な体制を整えております。