歯ぎしり用マウスピース、睡眠時無呼吸症用の口腔内装置、スポーツマウスガードを作製しています。

3種類のマウスピースについて

睡眠中の歯ぎしり対策のためのマウスピース

正式には「ナイトガード」と呼称します。睡眠中の歯ぎしり・食いしばりは、コントロールできません。放置すれば、歯の摩耗・破折の原因となります。口腔内にナイトガードを装着して、硬い歯同士が直接接触することを回避し、歯の摩耗・破折を防止します。

睡眠時無呼吸症を改善するための口腔内装置

軽度の睡眠時無呼吸症を口腔内装置(Oral Appliance)で治療します。スリープスプリントとも言われています。下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。

作製に際しては、専門科の医師による診断と紹介状が必要となります。ご注意ください。

スポーツマウスガード

身体的接触を伴うスポーツや顔面・顎に強い衝撃がかかる恐れがあるスポーツなどの競技中に装着し、歯が欠ける・折れる・抜ける、唇を切る、顎の骨を骨折するなどのスポーツ外傷を予防するためのものです。

治療費

歯ぎしり対策のためのマウスピース(保険適応)
約6,000円
睡眠時無呼吸症を改善するための口腔内装置(保険適応)
約15,000円
スポーツマウスガード(自費診療) 中高生の場合は学割あり
20,000円(税別)